読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がもふもふ

渋谷で月額制受託開発「開発チームレンタル」を運営するmofmof inc.のブログ

SHIROBAKOに学ぶ「なぜステークホルダーを巻き込むべきなのか?」

f:id:redhornet96:20151206155404j:plain

SHIROBAKO公式サイトより引用 http://shirobako-anime.com/

変な話、はやいものでもう2015年ももう最後の月となりましたね。12月といえばアレですよねアレ。みんな大好きAdvent Calendar。

今年は2つほど乗っかってしまいましたが、今回はこにふぁーさん率いるSHIROBAKO Advent Calendar12/8担当ということで、書かせていただきます。

http://www.adventar.org/calendars/729

SHIROBAKOとは

知らない人もいるかも知れないので、SHIROBAKOについてちょっと説明した方がいいのかな?

簡単に言っちゃうと、アニメ制作会社で制作進行をしている新人女性を主人公としたアニメなんですが、いきなり新人PMがプロジェクトマネジメントやってるみたいな話で、みなさんのようなIT戦士あるある的つらみが表現されてる作品です。その辺が他人事と思えず感情移入してしまうところが人気の理由なんでしょうかね。

SHIROBAKO公式サイト shirobako-anime.com

こにふぁーさんのスライド sssslide.com

ちなみにぼくは圧倒的に矢野さんオシです。背の小さいツインテールのニーハイキャラですよ。あとツンデレ成分が少しあれば完璧でしたね。

f:id:redhornet96:20151206155244p:plain SHIROBAKO公式サイトより引用 http://shirobako-anime.com/

23話 続・ちゃぶだい返しのあらすじ

さて今回は、「#23 続・ちゃぶだい返し」の回について語ります。

http://shirobako-anime.com/story/23.html

簡単なあらすじですが、「第三飛行少女隊」というアニメ制作も最終話を制作も出来上がり、担当編集部にもOKもらっていつになく順調。なんとか問題なく行けそうだと一安心した矢先、編集部から一本の電話が。「野亀先生(原作者)怒ってる!?最終話、絵コンテ全ボツ!?」

えー!そんなこと言われてももう間に合わないよ!先に進めてOKって確認にしたじゃん!どうするのどうするの!っていうところから23話が展開していくっていう話です。

ステークホルダーを巻き込むことで生産性を上げる

f:id:redhornet96:20151206155736j:plain

その後は、アニメ制作監督が直接原作者にコンタクトを取り、原作者の意図や想いを汲み取り、原作者も導けなかった最終話のストーリーが沸き起こり、両者がわかりあい納得の行くストーリーが出来上がるという風に展開していきます。

ぼくたちmofmof inc.という会社では、「開発チームレンタル」という形で月額制の受託開発をやっているのですが、プロジェクトに参画する上で各々の役割というものが存在します。

簡単に言ってしまうと、プロダクトオーナーはプロダクトのビジネス価値の実現とその手段の表現に責任を負い、デベロッパーはプロダクトオーナーが表現した「ビジネス価値と手段」を優先順に技術レイヤーに分解し、開発・リリースしエンドユーザーに届けることです。

ところが、プロジェクトは大きくなればなるほど、これらの役割以外のステークホルダー(利害関係者)が増えます。例えば、プロダクトオーナーがとある事業担当者だとすると、その事業部の事業部長という人物が存在していたりします。SHIROBAKOで言えば、野亀先生(原作者)が超絶大なステークホルダーになります。彼がNGといえば、誰がなんと言おうとNGになってしまうという。

SHIROBAKO#23の回では、野亀先生と直接話を出来るコミュニケーション設計がなされていなかったのですが、制作監督が直接原作者にコンタクトを取り、対話の場を確保したことで大きくプロジェクトが快方に向かうことになりました。

このことから、ステークホルダーを巻き込んだコミュニケーション設計は、生産性を大きく向上させることがわかります。「生産性」というは何も個人の作業効率だけの話じゃなくて、チーム単位でのアウトプット最大化のことにも言えるはず。がむしゃらに高速に大量に生産するよりも、コミュニケーション設計を適切なものに変えることで、無駄な生産活動を減らして、ビジネス価値の高いものの実現を優先出来るはず。それこそが本来の生産性の向上なんじゃないかと思ってます。

ものづくりを通して誰かをハッピーを実現することが、クリエイターの至上の幸せだと思ってます。そしてそれを最大化することがぼくたちmofmof inc.の役目。そのために出来ることは決して「作ること」だけではないはず。

SHIROBAKOみようね!

ちなみに実は23話は神回と言われるほどよい話なんですよ。ぼくの中では完全にクライマックス。各登場人物の想いが交錯し実を結ぶ話。この回だけ見ちゃうのは非常にもったいない。カニの身を食べずにカニ味噌だけ食べて捨てるくらいにもったいない。

変な話、最初から観るのを全力でオススメします。