毎日がもふもふ

渋谷で月額制受託開発「開発チームレンタル」を運営するmofmof inc.のブログ

一度完成したら終わりではなく、継続的に改善していく作り方が出来る - 株式会社ネクストレボ水野様クライアントインタビュー

f:id:redhornet96:20151112012758j:plain

今回ネクストレボ様のサービスの開発を担当した原田です。弊社の月額制の受託開発で一緒に開発をしてきた体験をインタビューを通してお伝えします。

※まだ非公開サービスのため、開発したサービスの内容については掲載していません。

弊社の月額制の受託開発を選択した一番の理由はなんでしょうか?

比較的コストがリーズナブルで開発しながら設計を柔軟に変更出来るという点が決め手でした。また、あらかじめRubyで作りたいと決めていたので、Rubyに特化した開発会社という点も非常にプラスでした。

仕様や目的を詳細に事前にお伝えしたおけば、その中の情報から最善の実装を汲みとってくれるため、ある程度お任せしても安心して進めることが出来た点が、私達のニーズに合っていました。

弊社の月額制受託開発を利用してみて良かった点はどんなところでしょうか?

一番大きいのは、一度完成して終わりではなく、頻繁に仕様変更や修正ができるので、外部情勢の転換や、ビジネスの方針を変えたときにも、ビジネスに合わせてプロダクトの形を変えていける点でした。

またコード品質の向上にも余念がなく、常にコードのリファクタリングとセットでしかもスピードを落とすことなく開発していただけるので、膨大で複雑な負債コードが残りにくい作り方をしている点も良かったです。

改善できると良い点はどんなところでしょうか?

まだサービスインしていないので、いまのところは大きな問題はありませんが、随時開発をし続ける形のため、きっちりと実装範囲と納期で区切ることが難しいところはあります。

ただこの点については、完成品を納品してもらうスタイルと、随時開発を続けるスタイルのトレードオフの関係にあると思っているので、どちらがいいのかという問題だと思っています。

最後に

水野様ありがとうございました!